je-pu-pu 無料カウンタ

2006年11月08日

11月のPLUTO感想

ゲジ〜のスーツは良いスーツ♪
つよーいぞ〜
つよーいぞ〜♪ (童謡 鬼のパンツの節で)

10月末に、最寄の駅前にショッピングモールが一斉開店し、
念願の本屋さんもオープンしました。

永かった・・・!!!!!!!

嬉しすぎです。

これで毎月ウルジャンを求めて
自転車で走り回らなくても良いんです。
王家の紋章も読めちゃいます!!
ブラボーブラボーッッ

デスノの特設コーナーがあるので、
気になってたLたん主役の小説の中身や
キャラクター攻略本の内容がチェック出来たりしてラッキーでした。

デスノといえば・・・

映画の特集本が出てたんですが、
「2」公開にあたっての主役の人のインタビューで
「松山君にもLにも勝ったと思いました」
って仰ってるんですが〜〜〜〜〜〜〜

マジですか?!

(◎△◎

予告映像の段階で、おいら
月人が見つけられなかった
んですけれど。
探し方が悪いんでしょうか。 なんちて〜。


真実の程を確かめに、仕事が明けたら水曜日を狙って
近所の映画館に行こうと思います。

実は「1」観ていないんですが・・・・

原作知っている人は「2」から観ても大丈夫かも、と
CON$様も仰っていた事ですし、きっと無問題です。



と、そんな戯言はともあれ・・・
以下はPLUTOの感想です。

先ずページを開いて思ったのが






!!?

お、おいら、1話読み飛ばしましたか!?

(゚д゚; )三( ;゚д゚)


・・・・と、真剣にあせってしまったんですが
(いや、本当にマジで)

『仕事に戻らなきゃ・・・』

とつぶやいていたゲジヒトさん、

どうやら先月は気ままなドライブしていたみたいです??

アドルフさんは徒歩でセーフハウスまで
たどり着いていた模様・・・

で、アドルフさんご家族が合流した所で改めて身柄を移送する
刑事グループでしたが・・・
テロリストの『小型クラスター砲』であっけなく木っ端微塵に。

この辺りの公安組織の役立たずぶりは『24』に通じるものがありますです。

孤軍奮闘するゲジヒトは、奥さんと子供を助けた後
アドルフを背に庇い、小型クラスター砲の攻撃を
自前のゼロニウム弾で威力相殺。

敵の無血武装解除に成功しますが、人間をかばったために
かなりのダメージを受けてしまったゲジヒト刑事。

担架で運ばれながら、アドルフはゲジヒトの健気な姿に心が溶解、涙を流します。
一方ゲジヒトは己に巣食った「憎しみ」は消えるのだろうかと、
悲しげな瞳でアドルフに尋ねながら護送車に担ぎ込まれて行くのでした・・・。


と、大体このようなお話でした。
(以下、箇条書きで気になった点をピックアップです)


■結構スタスタと片付いてしまった感があるような〜ないような〜
アドルフさんとの確執。

■で、お兄ちゃんの「最低なヤツ」呼ばわりの根拠はなんだったんでしょうか。

■ゲジさん、飛べるのかな?ただのジャンプ???

今回一番ビビットだったのが、
特殊合金製のゲジヒトがダメージを受けるほどの破壊力の中にも関わらず、
衣装としての形態を保っていたゲジさんスーツの丈夫っぷりでした。
ハラショーッ


憎しみは消えるかどうか・・・
記憶を脳内で処理して解釈変更したり、忘却してみたりという
自己防衛本能がある人間と違って、「物事を忘れる」という事が
基本的に無いロボットは、暗い過去を持った時にとても辛いですね・・・。

ノース2号が眠りの度にうなされ、苦しんでいた様子が思い出されます。

忘れる事が出来ない以上、ロボットの内部に憎しみが生まれたのなら
消すことは不可能なのでは無いでしょうか。

そんなロボットが「正常に」動くためには・・・想像以上の精神負荷、
前にゲジさんが言っていた通り
「逃げないで」
更に
「乗り越える」
という高度な感情処理が必要な気がします。

それは、違う言い方をするなら『昇華、成長する』という事です。

浦沢先生ワールドのロボット達はそこまで描かれるのでしょうか・・・。




余談ですが、「乗り越える」という発言をあっさりと独り言で呟いていたアトムは、既にそういう感覚を自然に持っていたのでは無いかと想像できます。

無茶苦茶高度なロボットですね〜。

それとも、アトムはどんな精神負荷にも揺るがない鉄壁の情緒安定性があるとか???


だからこそ、「アトムは失敗作」なのだとゲンドウ博士は仰るのでしょうか。

さてさて、アトムが動かなくなり、ゲジヒトも重症。

これで、動けるロボットはエプシロンだけと言うことに!?


・・・・・なーんて、エプさんファンとしては、
彼のピックアップをちょっと期待しちゃったりしたんですが

既に予告アオリで軽いネタバレをかまされたので

期待しないで、楽しみに次回を待ちたいです。

12月はPLUTOの単行本が出るそうで〜♪

オマケ如何によっては豪華版を買いたいです。(動機が不純)

オマケ・・・・今回も付きますよね?
posted by 村瀬梨穂 at 07:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アトム&PLUTO関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ご無沙汰しております。11月分の感想に12月になってからコメントを寄せるのはどうかとも思いましたが(笑)
 何分今月はPLUTOの掲載までかなり間がありますしね(笑)

> アドルフさんは徒歩でセーフハウスまで
> たどり着いていた模様

 あ〜ゲジヒトはアドルフ一家をセーフハウスに送ってからブラウ1589の所に行ったのですよ。

 意外にあっさりケリが付いた感のあるアドルフ編ですが、ゲジヒトがアドルフの兄を殺すに至った詳細な経緯はまだはっきりしてませんよね。伏線だけではちょっと理解に困るので、後で色々フォローしていただきたいところです。

 PLUTO4集豪華版の付録は、前回に続いて『まんがノート』との情報がどっかにあったような。まぁ悪くないとは思うんだけど、そろそろイメージアルバムかフィギュアにしてくれんだろうかと思います(笑)
Posted by ブラック・タロン at 2006年12月04日 16:00
ブラック・タロン様

コメントを有難うございます!
車で疾走してたゲジさんの行動が謎のままなので、
自分もブラウの所に行ってたのかなあ?
後から語られるかな??と思ってました〜。

アドルフの兄殺害事件については、確かにもう少しフォローが欲しいかもです〜。
自分的には、あと一ひねり封印された記憶に裏の裏が!?
とか思ってたんですが、割とシンプルな構図のまま進むみたいで…。

そういえば、今回の掲載号は1号ずれるんでしたっけ??
先月チェックし損ねてました;;

豪華本の付録、そうですね〜
イメージアルバムやフィギュアが付録だったら絶対買います!!

でも、フィギュアの場合はランダム封入なのでしょうか…(苦笑)
Posted by 村瀬梨穂(管理人) at 2006年12月05日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。