je-pu-pu 無料カウンタ

2006年11月22日

SBR第20話感想 その1


今月のウルジャンもSBR&ジョジョ話題満載でうれしい限りでした。
付録のコミックス収納BOX…
嬉しいんですが、最新刊の10巻分までしか入らないのが気になるところ。

残りの巻数がどれ位になるのかはわかりませんが…
全巻出揃った折には残り分の収納BOXか、全巻収納BOXを付録で付けて欲しい所です。  (我侭?;)



今月のウルジャンでは、巻頭掲載のSBR本文の前に嬉しいお知らせが
フルカラービッグ綴じ込み形式で載っていました。

発表されつつも、全貌が中々アナウンスされなかった
「映画 ジョジョの奇妙な冒険 “ファントムブラッド”」
の公開決定のニュースです。

1部は大変思い入れの深い部でもありますので、公開されたら是非是非観に行きたいと思っているのですが

…えーと、
映画タイトルのバックにデカデカと載っているのが、多分メイン版権イラストなんですよね〜?

石仮面、ディオは確認できるんですが

・・・左側アップの

凶悪ケンシロウみたいなヒト

こんなキャラ知らない

 んですけれど。バッド(下向き矢印)


のわんて。

うう。

製作スタッフの名前を見た時に、こうなる事は覚悟出来してたつもりですが

いやぁ〜 改めて見ると強烈ですね〜。


黒いサクリアが噴出していますね。


いっそアニメーター氏の開き直りかと見紛う様な

清清しさぴかぴか(新しい)さえ感じられます。



小さいコマでプチ紹介されてるキャラクター達の上から2番目

ツェペリさん、なんて極悪人な顔に…!! (T▽T

とか動揺したら

あ、コレ、ワンさんか… ツェペリさん下にいるじゃん。


主人公があまりに世紀末漫画入ってるので、他のキャラクターも凶悪面になってるのかと構えてしまいました。


優しい性格、涼しい瞳なジョナサンという大きな踏み絵を超えた時点で
1部の大概の男キャラはどんな描き方になっても何か耐性が出来ちゃった気がするんですが、

……

ストレイツォさんだけが気になる所です。

やっぱり鼻シワ&ホウレイ線バリバリの骨太一族の仲間入りしてるんですかねえ〜?

と、予告だけでこんなに楽しめてしまうジョジョワールドでした。


(本編感想までに中々届かない;)


本編の扉絵は川べりでくつろぐ?ジャイロとジョニィ。

ジャイロのポーズなんですが、馬に寄りかかって無い…ような?

出来そうで出来ない究極ジョジョ立ちがさり気なく描かれているところが素敵です。


(明日以降に本編感想は続きます。)
posted by 村瀬梨穂 at 14:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SBR感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28035145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。