je-pu-pu 無料カウンタ

2006年11月24日

SBR20話感想 その2

懺悔話。

ジョジョ1部ゲーム
まだプレイしてません・・・

買いに行く暇がなかった、とか、
どゎれかさんショックで買うのを失念していました、とか

嗚呼全て言い訳です!!

うー

年末の帰省にPS2とジョジョゲー持って帰りたい・・・

ところで。

今回の1部ゲー、各キャラクター操作モードがあるって本当ですか?

ストさん使用できますか??

ダイアーさんは??  トンペティ師匠使えたら良いな〜 (´∀`*



以下はSBR感想の続きです。






黄金長方形の極意を得て、タスクを発動させたジョニィ。

さて、爪弾”がどんな風に進化したかと見ると・・・

先ず、回転の仕方が横?から縦向き??に?

今までは指先で爪の位置のままキリキリと回っていたのですが、
今度は指先の周りをドリルみたいにギュルギュル回転しています。

人差し指から放たれた爪弾は、迫り来る音”へと向かいます。

水中へ突入した爪弾は回転で大きな穴”を作り、音の脅威を飲み込んでしまいました。

ここでジョニィはタスクのもう一つの変化に気が付きます。

「爪は一発しか撃てなくなっている!!
人差し指から次のが出ない・・・
でもとなりの中指の爪は回り始めた!!」


明かされる超事実。

今までのタスクは無限弾だったらしいです!

・・・・・ブンブーン戦やオエコモバ戦の描写だと

生爪禿げてた様に見えた(ヒイイィィィ)
んですが、気のせいだったみたいで・・・

まあ、マジに爪剥いで飛ばしてたら痛すぎですしねえ〜。

てゆうか

無限に飛んでただの
今度は指を軸に回転しだしただの

ジョニィは何を飛ばしているんでしょうかね?

爪の形をした「気」だとでも思えば良いのでしょうか?

スタンドが気”を爪の形に実体化させて飛ばしてると解釈すれば良いのか・・・な?;;

閑話休題。

新生タスクは10発限定とはいえ(足の爪は使えないんでショーカ?)
威力は元の何倍も強力でした。

撃たれた爪弾は大河を軽々と横切り、何十メートルも離れた対岸のトウモロコシ畑をなぎ倒し、隠れていたサンドマンの姿をあらわにします。

サンドマンとにらみ合うジョニィ。

敵に向けて放つ3発目の爪弾!!

今度こそ相手を撃破出来るでしょうか。


しかし、サンドマンは手に持ったナイフを振り回すと
ヒュンヒュンという音を鳴らします。

その音はそのまま大きなカタカナの文字の壁となりジョニィのタスクをいとも簡単に、はじいてしまうのでした・・・

カッコイイんですが下手するとギャグギリギリの構図をさらりと描いてしまう荒木先生は天才です。

ジパングの言語を操るネイティブアメリカンかぁ・・・

いや、サンドマンはネイティブ語をきちんと使ってるのかもしれませんね〜。
スタンド文字は見る人の脳内変換によって見え方が違うとかネ!

荒木先生漫画は奥が深いです・・・

超余談ですが、一連のサイレント・ウェイ攻撃を海外出版する時はどう修正されるんでしょうかねえ??
そのままGO!でしょうか。
でもパッと見で読んだ人が文字の意味を理解出来なければ面白みも欠けてしまうと思うんですが・・・
(超余計な心配)


で、サンドマンのスタンド能力ですが
後のページで描写されているのを見ると、どうやら手に持った短剣が奏でる「音」を具現化しているみたいです。

とはいえ、ディエゴの前でスタンド能力を披露した時は短剣を使っていなかった(多分)ので、正しくはサンドマンの腕が奏でる音がスタンド能力として発動する、という事でしょうか?

スタンド能力によって具現化された文字は、敵が触れると音に準じた破壊衝撃派となり、サンドマン自身が触れる分には無害な物になるようです。

文字はサンドマンの意思により空中に固定して上に乗ったり
強固な障壁になったり、水や泥に紛れて潜ましたり
自由度はかなり無制限のようです。

便利ですね!

具現化された文字の効果範囲はどれ位なのでしょうか?
100メートル位でしょうか・・・
持続力も長いようですし、なのに『サイレント・ウエイ」自体のパワーも単体で人を殺傷出来る位のスピードとパワーを持っているようです。

オー
すごいですね。

他の部で言うなら、オールA(だったよね・・・)
高ステータスを持っていたエルメェスのキッス”に相当する位でしょうか?

ただし強いスタンド=大活躍 か、と言うとそうは中々いかないのが
ジョジョワールドの定説ですが・・・


とはいえ、ジョニィはサンドマンの強力なスタンドパワーに圧倒され
打ちのめされ気味です。

敵の能力の前には自分の「黄金長方形の回転」なんて、何の意味も持たない・・・


少しだけ『希望』で喜んだ後には、必ず全てが崩壊してゆく。


サンドマンの足元に、白鼠の影が見えます。


ジョニィは既に意識を完全に失った(多分)ジャイロにすがりながら
「だめだ すまないジャイロ
僕には何も出来なかった・・・!」


と、苦しげに呻きます。
ついに二人に最後の時が

ジョニィは宿命に追いつかれたのでしょうか・・・


(明日以降に感想は続きます)
posted by 村瀬梨穂 at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SBR感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。